総量規制というのはお金を借りる際に借り過ぎてしまう事が無いように消費者を保護するための規制であり、年収の三分の一を超える金額は借りる事が出来ないように制限しています。ただ、お金を借りる場合は何でも総量規制の対象となる訳では無く、例えば住宅ローンや自動車ローン、あるいは不動産担保を用意しての借り入れなどは除外項目に含まれているので対象となるという事は無いです。
一方、対象となるケースとしては消費者金融のカードローンやキャッシング、あるいはクレジットカードのキャッシング機能があり、これらを利用する場合は年収に応じて利用できる限度額が法律で制限されるという事になります。例えば、年収が300万円の人がこれらのサービスを利用しようとする場合は100万円を超えて融資を受ける事は出来ないという事になります。
注意してほしいのは年収というのは原則としては本人の年収となるので、専業主婦が旦那の収入を頼りにしてこれらを利用しようとすると断られてしまうのです。規制では例外として配偶者と合わせて三分の一以下の貸し付けが可能な配偶者貸付制度というものもあるのですが、大手の消費者金融では配偶者貸付制度に対応していないので実際には専業主婦がお金を借りる事が出来ないのです。
ただし、総量規制が問題で借りる事が出来ない専業主婦などでも対象外となっている銀行のカードローンを利用する事は可能です。カードローンやキャッシングで規制の対象となるのは貸金業者のサービスの場合であり、銀行の場合は同じようなサービスでも貸金業者では無いために規制は適用されないのです。
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

Comments are closed.